つきのこども/あぶく。

おはなしにならないことごと。

うた

東京歌壇5月7日

公の字がやがてはハムになるまでを見守っている 骨さえなくて 東直子欄・選でした。ありがとうございました。 余談ですがこの日の新聞の東京歌壇上に掲載されていた「米国人カメラマンが撮った「フクシマ 不屈のサムライ」 江戸末期の撮影技法で「まるで幕末…

東京歌壇4月30日

君はいつも冬の匂いと告げられてまき散らしてる小さい火花 東直子選・特選でした。有難うございます。 www.tokyo-np.co.jp

NHK短歌2017年5月号・ジセダイタンカ

NHK短歌2017年5月号、ジセダイタンカの欄に短歌7首連作「Border」と短い文章が掲載されました。ジセダイタンカの欄は天野慶さんが編集を担当されており、見開き1ページに3人の連作及び文章、1名の歌集紹介が掲載されることになっています。法橋ひら…

東京歌壇4月16日

いまはただあなたひとりの真っ白なカーテンとして夕焼けを待つ 東直子選・佳作でした。 webで一首評をいただいていました。ありがとうございます。他の記事を見てタイトルがアナグラムなんだなと暫く経ってから気が付きました。 note.mu

そして崩れる

そして崩れる わたくしの影も眼鏡を持っていて時折外しレンズを磨く 俯いた君をまっすぐ貫いていつかは帰る星なのだろう やわらかなだるま落としとして甘いパンケーキつむ(ちょっと崩れる) さいはてかさいしょの場所かわからずにふたり見つめる海の青さよ …

エヴァンを棄てる 他( #vdbl俳句 2017)

エヴァンを棄てる 泥拭い落としひとりのバレンタイン 夜の梅スニッカーズはちぎるもの 告白はしないが 魚(うお)は氷(ひ)に上る 銀紙のちりちりと鳴る愛の日よ たんぽぽを頭にのせてチョコになれ みんなうそ。猫の舌とはチョコのこと。 朧月キットカット…

遠い虐殺(京都文学フリマ・短歌連作フリーペーパー)

ただしかった、ただしかったとくりかえすあなたのための夜のクリック 水面に指ふるるごとログインのたびにぼやける感情がある ガラス器の継がれてなおも立つ様を景色と呼べば遠い虐殺 どんな夜だっていつかは明ける(福田恒存 訳) 明けない夜は長いからな…

吹雪のあとに(角笛2)

カーディガンの裾はためかす早足で次のページを目指し歩いた 雪原に雪降りつづくそのなかの足跡としてピチカート鳴る 最終行でぜんぶ反転してしまう叙述のように ここも地獄だ ヤミゴメに似たものを食べ生きている歯の抜ける夢をくりかえし見る 人混みに肩い…

東京歌壇1月22日

ガラス器の継がれてなおも立つ様を景色と呼べば遠い虐殺 2017年1月22日、東直子・特選でした。ありがとうございました。 京都文学フリマでこの歌を含む連作ペーパーを配布していたところ、フォロワーさんから教えていただいてびっくりしました。 東京新聞:…

We'll be mad(うたつかい2016年秋号)

燃え尽きた星であなたはできていて壊れることをラセンと呼んだかなしみが時を超えても残るならどれだけ長い濾過だったろうwe'll be mad. 走らせているシステムのエラーチェックが終わらぬように「終わらない氷のパズルの正解が愛って、あれは違うと思う」光…

花と狼(うたつかい・夏号)

まだ夢に浸かった顔をしてきみは春の油を額に受ける ユートピア・ユーフォリア・束の間の花 春に咲く花すべてうたかた でもそれがきみの心臓。歌なんて嘘と知ってるふり、花あかり 無防備にからだごと投げ出せるのは羽根を持たないひとの特権 君の狼を信じる…

まもられて、いる?(短歌30首連作・input selector2寄稿作品)

2015年4月~頒布。添嶋譲さん編集によるアンソロジー「input selector2」寄稿作品。小説、エッセイ、詩など各ジャンルの作品が揃った作品集でした。 連作中の詞書については主催・編集担当の添嶋さんのアイデアで表示の仕方を色々工夫して頂き、なるほどこ…

三日月幻燈(連作24首)

(――「月」の軌道をごゆつくりお楽しみください。) (三日月の光に首を差し出してただくちづけを待つてたおまへ)おまへ、三日月、こんな朧なこの夢はいつのおまへの償ひのため 鳥、おまへ、三日月、クルス、王冠の光は強い(なくしたからね) ただおまへ、…

聞こえなくても(みずつき5)

青空の下で見ていたひどい夢いつかあなたに降りかかる雨 街灯に夜の草むら香りだし死者の記憶は立ち上がるもの 雨音にこめかみ冷えてお祈りは聞こえなくても続く(けれども) 両手からこぼれるように慣れるだろう負けていること目を伏せること 散る花をアス…

サヴィル・ロウにて(キングスマン・二次創作俳句連作)

サヴィル・ロウにて 秋の虹眼鏡をかけて人と会う 幽霊と囲む円卓桐一葉 荻の声お前の父を知っている スノッブと呼ばれて呼んで蛍病む 花桔梗「manners maketh man」と説き 涼しさや大きくなれぬパグといる 人類は致死性の熱遠花火 蟲送る血を見ることに慣れ…

うたつかい・秋号

革命と水 革命のような喧躁遠くなり三四郎池にぽっかりと泡 坂を下りる。乾いたからだで降りていくかつては水の流れたところ ひたひたと水は彼方で脈を打ち舗道の影が滲みはじめる わたくしに流れこむ水(忘れたの)生まれたときはみな濡れていた 痛むほど光は…

うたらば・ブログパーツ短歌

過労死の多い炭鉱であるほど小鳥の声は澄むという嘘 (テーマ:声) もともとは3年前に詠んだ短歌でした。有難うございました。

連作・そしてまた夜は(アンソロジー・人は死んだら電柱になる 寄稿作品)

2014年夏コミ頒布開始「人は死んだら電柱になる」アンソロジーへの提出作品です。アンソロジーは現在は頒布終了 、国会図書館に納入されています。詳細は以下から。 人は死んだら電柱になる | アンソロジー告知サイト 掲載当時はレイアウトも各自で自由に決…

百年(うたつかい・夏 第23号)

グーグルで誰か検索したらしい「百年の孤独 入手方法」 無理なものは無理なんだってちゃんと思う近況メールは片手で閉じる 過労死の多い炭鉱であるほど小鳥の声は澄むという嘘 何もかも人に見立てて遊びすぎた私は何の擬人化だろう だいじょうぶ、だいじょう…

うたらばvol.13 【花】

生きること忘れることのバランスがまだ取れなくて抱いている花 写真つきの掲載でした。有難うございました。 佳作のこころさんと、木下龍也の最後に掲載された歌が好きでした。http://www.utalover.com/book.html

たましいのこと(うたつかい・春 第22号)

たましいの欠けてうまれてきたことを男や女ともうよばないで 治してはだめな傷だと思うから磨きあげては添える切り花 君の夢君と見た夢(きみはゆめ)光る荒野を駆けていく夢 感情が流れ去るのを見送って水の入った器を透かす カーネーション(造花のような思…

うたらば・ブログパーツ短歌

眠れない夜のリロードくり返しまつげはみんな小鳥に変わる (テーマ・返)

百を巡る短歌

Googleで誰か検索したらしい「百年の孤独 入手方法」 候補作でした。結果はこちら。 百を巡る短歌コンテスト、発表! - じゃぽブログ

NHK短歌1月号

ささやかなものを信じる柄物の腹巻祖父をお願いします (斉藤斎藤選 ・佳作 テーマ:腹・おなか)

2014紅白短歌合戦 / #バンド短歌カウントダウンライヴ2014

2014年のtwitterの年越しイベント二つに参加しました。 それぞれ以下の歌を提出・参加しています。今年も有難うございました。

さよならsandpit歌会

まなうらでくりかえす濾過(生きてたらもうそれでいい)硅砂が落ちる 山階基さん企画の歌会でした。題詠・砂。sandpitは砂場の意味ですがカフェの名前でもありました。 43名参加、沼尻つた子さんと一緒に大賞でした。ありがとうございます。 他の方の作品はこ…

てとてとたんか2

ジャグラーの手つきで空へ投げあげる苦しさ示すすべての語彙を 千原こはぎさんの企画、てとてとたんか2に参加しました。 手に関する短歌を手の写真と一緒に、ということで写真も撮ってます。 大葉れいさん、加子さん、西村湯呑さんの歌が好きでした。 てとて…

イングレス(連作15首)

こっそりと電源入れて覗き込みここは戦場だったと気付く後からは変えられないという二択 選べることは幸せですかこちらでは世界はずっと夜のまま鬼火の色に照らされている進軍の太鼓がずっと鳴っているTPPや原発のため会う人の皆エージェントだと思う夜最寄…

なりそこない(連作・握手の代わりに手を)

君は私を人間だと言う。機械ではないと言う。 私はそれは違うと思っているのだが、君は決して受け入れようとしない。 私は今日も君に会いに行く。 握手の代わりに手を 通勤に支障はないと示すためすり抜けて行く自動改札 液晶をひたすら磨く帰り道消えない影…

うたらば・ブログパーツ短歌

泣きかたも泣き終えかたもわからない私の中に水だけがある (テーマ:終)