つきのこども/あぶく。

おはなしにならないことごと。

企画

創世記から(CDTNK短歌再録)

それぞれに神話を語り火を灯す OK,Google、創世記から ルンバにも進化はあって水掻きの名残のような地雷の記憶 あなたにはあなたの心拍数がありあなたの時間がある 手を握る

あしたのタンポポ(文フリフリーペーパー再録4・コピペ短歌)

あしたのタンポポ かみさま くるはずのないあなたにはタンポポ光るきんのかんむり 三日月に指切りをして迷わない目が覚めたならぼくら大人だ ひとりなら得意なはずとふるえぬよう見渡す限りの思い出をくれ くい込んだ右手のシワの描いた絵の 今夜のことは忘…

太陽だった(文フリフリーペーパー再録3・コピペ短歌)

太陽だった 約束を どんな言葉を並べても今は雨さえ眩いばかり 忘れたくないから世界を讃えるよことば言葉 君が足りない 雨の狭間 両手で抱えきれなくて愛しかったことだけが真実 薄化粧した淋しさを抱きしめる山ほどの花どうもありがとう 愛なんてきっと神…

ごどーはいないね(文フリフリーペーパー再録2・コピペ短歌)

ごどーはいないね 待つばかりだけど開幕当面は透明なのは当然だから 全力でいっても所詮迷うから最小限でまわるプロペラ 背には花 絶頂はいまだけのものそいつは良いとお前は言って おれもお前も総集編とかないからさ素通りされてわらうしかない でもいつか…

運ぶ 揺らす(文フリフリーペーパー再録1・コピペ短歌)

運ぶ 揺らす 一人から恋は生まれるこんなにもみにくい夜が色づくなんて 白鳥とカラスがたぶん似てること虚構の街に風がふくこと 物心ついてからいつも泣きそうだこの世の誰にも意味なんてない 混ざるのは指だけだからいつかいつか見えなくなると君を揺らした…

グッナイ・バディ(ネプリ企画再録2)

ただいまと誰にともなくつぶやいて静かな部屋にあかりを灯す おかえりと迎えるはずが力尽き今夜も猫に先を越される 金の瞳をほそめて彼はしらんぷりきみとの今日のいたずらのこと 本日も不肖下僕の背に乗ってご満悦なる猫さまでした ちぐはぐなバディよすす…

デイジー・デイジー(ネプリ企画再録1)

あおいあおいGoogleEarthの海底が今日も綺麗で海に行きたい 港まで道案内をしましょうかそれとも空を見上げましょうか 真空の宇宙で星は歌うこと それで恋人は君にいますか 恋人がいれば今ごろ夕焼けの青くかがやく火星にいます ロケットは持ってないからで…

The October People(仮装俳句 より)

花嫁にいつか捧げる草の花 薬掘るもはや死からは遠けれど 本物は白、囮には赤い薔薇 ともだちもぼくも映らず水澄めり 遠目には渡り鳥にも見えるだろう 凶作やドラッグストアの増血剤

花を贈る(短歌解凍掌編)

自分がにんげんでないことに気付いたのがどれほど前のことであったか、もう覚えていない。 にんげん達や獣たちにひとしく流れる時の川、そのさざ波はわたしのもとには届かない。あるいはひどくゆっくりと、海に落とした木の実のような遠さで届くらしい。同じ…

図書館ほしまつり

(当館にある星の本を集めました。) あるびれお 新潮文庫の青色に浮かぶ十字に手は重なって 夏の月まだ百歳にもなってないぼくたちだからまちがいばかり すべて星、あるいは星であったもの。(天の光はすべてみなしご) 幼年期終わらぬままに夜は降り取り残…

season words(CDTNK夏フェス2017)

わたくしがわたくしを殴る縁日の琉金 尾っぽのあざやかなこと 髪洗ふおふぇりや達にことば、ことば 湯上がりのような顔して改札を並んで抜けて明日の約束 真夜中のしづかな踊りぼくの影 ハンドソープ押しだすように陽はあふれ死者と生者の影淡くなる 突き出…

あめがやむまで

6/13~6/15にtwitterで行われた「付け句祭」で書いた付け句による50首連作です。 ハッシュタグ「#雨がやむまでこのままでいい」を使用、下の句を「雨がやむまで~」とした短歌を各自がTLに投稿していました。なお「付け句祭」自体はいろいろなお題で開催…

シュレディンガーの傘(みずつき6)

シュレディンガーの傘 どこからが雨雲なのかわからない空の下でも無防備だった ロッカーの遠い密室開くまでシュレディンガーの傘の花柄 曇天に開くてのひら法律が雨になるまであとどれくらい? 紫陽花に香りはなくて暗がりに寄り添いあえば震える睫毛 雨の気…

Vuelta(アニポエvol.5「スポーツアニメ特集」)

Vuelta 蓋取れば茄子の酢漬けの五日目は食べ頃としてしずもりをりぬ コンセント挿せばちひさく散る火花ゆめの甘さは遠くなりけり 風戦ぐアンダルシアを映すときブラウン管に立つ砂嵐 消失点 破線であつた白線がいつぽんとなり漕ぐ吾がゐる ブレーキを握らぬ…

そして崩れる

そして崩れる わたくしの影も眼鏡を持っていて時折外しレンズを磨く 俯いた君をまっすぐ貫いていつかは帰る星なのだろう やわらかなだるま落としとして甘いパンケーキつむ(ちょっと崩れる) さいはてかさいしょの場所かわからずにふたり見つめる海の青さよ …

エヴァンを棄てる 他( #vdbl俳句 2017)

エヴァンを棄てる 泥拭い落としひとりのバレンタイン 夜の梅スニッカーズはちぎるもの 告白はしないが 魚(うお)は氷(ひ)に上る 銀紙のちりちりと鳴る愛の日よ たんぽぽを頭にのせてチョコになれ みんなうそ。猫の舌とはチョコのこと。 朧月キットカット…

吹雪のあとに(角笛2)

カーディガンの裾はためかす早足で次のページを目指し歩いた 雪原に雪降りつづくそのなかの足跡としてピチカート鳴る 最終行でぜんぶ反転してしまう叙述のように ここも地獄だ ヤミゴメに似たものを食べ生きている歯の抜ける夢をくりかえし見る 人混みに肩い…

聞こえなくても(みずつき5)

青空の下で見ていたひどい夢いつかあなたに降りかかる雨 街灯に夜の草むら香りだし死者の記憶は立ち上がるもの 雨音にこめかみ冷えてお祈りは聞こえなくても続く(けれども) 両手からこぼれるように慣れるだろう負けていること目を伏せること 散る花をアス…

いつか、パディントン駅で(短歌中心百合アンソロジー・きみとダンスを 寄稿作品)

2015年4月19日発行の百合詞華集「きみとダンスを」(頒布終了)寄稿作品。中山明さんのオンライン歌集ラスト・トレイン の一首の解凍小説を書きました。ちなみに本では一番最後に掲載されていました。実はちょっとした仕掛けを入れたりしてるのですが、結構…

とあるキャプション (短歌の超短編)

さて、次にご覧頂くのはこちら、初代館長の記憶です。ロビー中央に立つ等身大ホログラフはご覧になられましたか? 髭を長く生やした、ええあれがそうです。 死者の記憶の保存技術を開発した初代館長Tは、自らにはその技術を用いず遺体を完全焼却するよう、ス…

サヴィル・ロウにて(キングスマン・二次創作俳句連作)

サヴィル・ロウにて 秋の虹眼鏡をかけて人と会う 幽霊と囲む円卓桐一葉 荻の声お前の父を知っている スノッブと呼ばれて呼んで蛍病む 花桔梗「manners maketh man」と説き 涼しさや大きくなれぬパグといる 人類は致死性の熱遠花火 蟲送る血を見ることに慣れ…

セラフィールドの人魚(超短編・アイリッシュパブのほら話)

超短編フリーペーパー「コトリの宮殿 」19号掲載より。

連作・そしてまた夜は(アンソロジー・人は死んだら電柱になる 寄稿作品)

2014年夏コミ頒布開始「人は死んだら電柱になる」アンソロジーへの提出作品です。アンソロジーは現在は頒布終了 、国会図書館に納入されています。詳細は以下から。 人は死んだら電柱になる | アンソロジー告知サイト 掲載当時はレイアウトも各自で自由に決…

百を巡る短歌

Googleで誰か検索したらしい「百年の孤独 入手方法」 候補作でした。結果はこちら。 百を巡る短歌コンテスト、発表! - じゃぽブログ

2014紅白短歌合戦 / #バンド短歌カウントダウンライヴ2014

2014年のtwitterの年越しイベント二つに参加しました。 それぞれ以下の歌を提出・参加しています。今年も有難うございました。

さよならsandpit歌会

まなうらでくりかえす濾過(生きてたらもうそれでいい)硅砂が落ちる 山階基さん企画の歌会でした。題詠・砂。sandpitは砂場の意味ですがカフェの名前でもありました。 43名参加、沼尻つた子さんと一緒に大賞でした。ありがとうございます。 他の方の作品はこ…

てとてとたんか2

ジャグラーの手つきで空へ投げあげる苦しさ示すすべての語彙を 千原こはぎさんの企画、てとてとたんか2に参加しました。 手に関する短歌を手の写真と一緒に、ということで写真も撮ってます。 大葉れいさん、加子さん、西村湯呑さんの歌が好きでした。 てとて…

マラソンリーディング2014 with ガルマンカフェ(11/23)

マラソンリーディング2014 with ガルマンカフェ 日時:2014年11月23日(日) 場所:Cafe LAX - 東京都 渋谷区 時間 12:30開場、13:00〜開演(出入り自由) 詩歌朗読イベント、マラソンリーディング2014に平田有さんと出演します。 第四部(17:30〜)の3番…

なりそこない(連作・握手の代わりに手を)

君は私を人間だと言う。機械ではないと言う。 私はそれは違うと思っているのだが、君は決して受け入れようとしない。 私は今日も君に会いに行く。 握手の代わりに手を 通勤に支障はないと示すためすり抜けて行く自動改札 液晶をひたすら磨く帰り道消えない影…

人は死んだら電柱になるアンソロジー寄稿(C86・1日目、他)(連作・そしてまた夜は)

タイトル通り、人は死んだら電柱になるという設定だけを共有した創作同人アンソロジーに寄稿させて頂きました。 そもそも何でそんな設定のアンソロが……など、詳細は以下の専用サイトをご覧下さい。togetterが面白いです。http://deadendpole.wordpress.com/ …