読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つきのこども/あぶく。

おはなしにならないことごと。

ゴーシュ2、あるいは音の出る箱

「表情ということがまるでできてない。」 セロを抱えてボーカロイド

見たこともない夢だとか未来とか調教された通り歌うよ

仕様書に書かれたものしか知らなくて異常値ばかり出力してる

ブレスする一拍のいらぬ歌姫は深呼吸したことが無かった

(……おいゴーシュ君。君には困るんだがなあ。表情ということがまるでできてな
い。怒るも喜ぶも感情というものがさっぱり出ないんだ。……)

かっこうと声を上げよとキーを押すどのかっこうもそれぞれ違う

ごうごうと鳴るその音に触れたくて手を伸ばしてる貴方の箱に

テンポ→HIGH・ピッチ→HIGH 再生シマス→「カッコウカッコウカッコウカッコウ

二拍目がいつも遅れることもなく狸もつれず一人で歌う

音の出る箱へ耳だけ押し当てに獣はみんな夜訪れる

「歌ってて喉が血を噴きだしたならそれが本物の人間です」

テキストの白い罵声が吹き荒れて帰る道すらもう見えなくて

オンリーワンたった一人の歌姫として作られたそれが宿命

真夜中の後頭部から声がして誰も私にごはんをくれない

息を吸うための言葉を入力を続けて下さいいきが できない

夜の窓硝子の向こうへ羽ばたけばワールド・ワイド・全部幻

音の出る箱を抱えて歌姫はインターネットを一人で帰る

あの夜に不気味の谷超えやって来た私は私と入れ替わったの

サーバーの熱が按摩になるのだと鼠の親子はまあるく眠る

右上の×の飛び石踏みながらマウスが告げる君は一匹



ああかっこう怒ったのではないんだとディスプレイから歌姫の声