読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つきのこども/あぶく。

おはなしにならないことごと。

サルベージ・朝を探す


街中を彷徨うルンバの真似をして頭をぶつけながら逃げ出す

何もかも光ってしまう窓辺では幸福ばかり目に付くのです

ほんとうは先も見えないままの笑みドアの向こうは乾いているね

生き延びた者だけがいるこの星に足跡のつく重さで歩く

海は凪小さな舟は虹を産む光の角度確かめていた

カーテンを持ち上げくぐる何度でも 私は朝を探しています

もうなにもおぼえてないという人と煮崩れすぎた会話をつつく

螢火に攫われ消えた君はいま窓の向こうで傘回してる

千切られた死人の声を撚り合せ初音ミクらは歌い始める



「ほんとうは〜」と「螢火に」は、ペンネームの折り句です。ほさきまどか。