読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つきのこども/あぶく。

おはなしにならないことごと。

エヴァンを棄てる 他( #vdbl俳句 2017)

企画 うた
 エヴァンを棄てる

 

    泥拭い落としひとりのバレンタイン

 

     夜の梅スニッカーズはちぎるもの

 

     告白はしないが うおに上る

 

     銀紙のちりちりと鳴る愛の日よ

 

     たんぽぽを頭にのせてチョコになれ

 

     みんなうそ。猫の舌とはチョコのこと。

 

     朧月キットカットは出せぬまま

 

     薄氷やマーブルチョコをたどりゆく

 

     手首にもチョコがついてて梅の花

 

     春の夜の電子レンジにチョコレイト

 

     バレンタインもう一度だけ化けて出ろ

 

     てのひらで溶けるチョコだけ手に乗せて

 

     ジャン・ポール・エヴァンを棄てし春の野辺

 

忘れてしまふ

 

     しやぼんだま過呼吸の苦しさで好き

 

     半券をぶらんこに置き帰ります

 

     春の風邪ビニル傘より空みれば

 

     アドリブがどうも効かずに山笑ふ

 

     きみに降る陶片、ちがう、しゃぼん玉

 

      春時雨クローンのやうにふたりきり

 

      バレンタイン棘のある花だけあげる

 

      しやぼん玉ここから先は戦争です

 

      春寒し心臓に降る雨のこと

 

      ソリストのやうだねきみの忘れ角

 

      はるのそら改札鋏が鳴つてゐた

 

      うららかな背中に向けてクラッカー

 

      パスワード忘れてしまふ鳥の恋

 

「自販機で間違えてココアを買ったからお前のと替えてくんない?」とかなんとか言えばそれはもうバレンタインBLなんだよ。

 

     缶コーヒーかすめ取られる春の夜

 

     薄氷やざまあの意味がわからない

 

   「そういえば」「んなんじゃねえよ」バレンタイン

 

     如月のココアの缶が熱すぎる

 

     自販機は黙秘貫き春の星

 

 

ここ数年この時期はバレンタインbl短歌がタイムラインを怒涛のように流れていくのを眺めるのが通例なのですが今年はフォロワーさんが俳句初挑戦をされていたので俳句成分多めのバレンタインでした。

(バレンタインとは何なのか)

フォロワーさんにつられて俳句を詠みつつ俳句よくわかんないとtwitterでぶーぶー言ってたらどこからか打越マトリクス(from俳句を遊べ! | 小学館)なるものが流れてきたので途中からバレンタインとかBLというより打越マトリクスがメインになってました。ので、分けて連作にしました。一部修正あり。

ちなみに「エヴァンを棄てる」のうち、「みんなうそ。~」「てのひらで~」が無季となります。新かなと旧仮名が混ざってるのはご愛嬌で。

 

俳句初挑戦のフォロワーさんのために俳句のいろんな方がコメントされてるのを眺めながら、わかんないよーと言ってるとどこからかアドバイスが流れてくる感じ、一人楽しく遊んでいると周りがどんどん巻き込まれてくれる感じ、短歌始めたばかりのころもそうだったなあとちょっと懐かしかったです。

 

ちなみに「自販機で~」はフォロワーさんのnoteの記載まんまタイトルにしてます。

多分これ、短歌なら一首で書ける内容なんですが俳句だと要素全部入れるのにどれだけいるかなと試してみたら5句になってびっくりしました。初句から結句までそれぞれ一句ずつという意味では正しいのかもしれませんが。

(そもそも俳句の連作がよくわかってないのですが、俳句の場合短歌のような情報圧縮の仕方をしない印象なので、下手だから5句になる、ということでもないような)

 

チョコレイト授けてみれば菫めく

 

   自意識よキスチョコはまだてのひらに

 

打越マトリクスをお借りしたフォロワーのみやさとさんから頂いた俳句。

「自意識よ~」が拙作ですが、並べるとちょっと相聞ぽい、ような。でも俳句に相聞ってあるのだろうか。