つきのこども/あぶく。

おはなしにならないことごと。

こともなし(うたつかい33号)

わたくしを地上へ落とす風が吹くこの世はこともなし こともなし


どの窓も古い映画のようになる列車は橋を渡り続ける


抑えられ少しふるえた掌はちいさな昼の蝙蝠の羽根


おろかものばかりではない僕たちだ青を仰げばどこまでも青


夜。(海を漂うラッコたちのためバスタオルより厚い昆布を)


翻す手のひら 、カード、階段を踏み外しそうな夕焼けを見た

 


死者の名のひとつひとつに初夏の風あてるため正座するひと

テーマ詠・カレンダー

テーマ詠は東京歌壇掲載作でした。

氷について

バルコンの手摺も冷ゆる夕暮れの森をあんまり見ては駄目だよ

 

まうずつと広がつてゐるのは曇天。窓は翼の形に開く

 

わたしさへ黙つてゐれば破れないうつくしい肖像画いちまい

 

パントマイム伝はらぬまま更くる夜の子守唄つてみんな寂しゑ

 

怒りだと気付けばさびしくなる怒り水面の波は消えていつたよ

 

たましひを呼び返すごとくりかへし空に向かつて鳴らす音楽

 

編まれたる髪は解かれそのたびに仔馬のごとく吾が背を跳ぬる

 

角を持つ獣たちから駆け出せばいまは百年越しの雪溶け

 

うつくしき馬つひに御し駆けてゆくアレンデール女王の性別は氷

 

飛び去つてしまつてもいい掌にまだ乗せてゐる手紙一通

 

+++

短歌連作サークル「あみもの」発行の「あみもの24号」寄稿作でした。

映画「Frozen2」に。

カノン(角笛5)

 死者を思って触れてください。そう告げる声の深さに削られる岩

 

(ハラスメントが)(どのハラスメントを語ったら?)初雪はくりかえし降るから

 

暗闇に舌は静かに横たわり渡せる炎はいつだってひとつ

 

コラール 幻のろうそくの火が暗闇のなか流れはじめる

 

産まれたときから火はもうずっと火の形たましいの死の定義を見せて

 

石が氷に変わって光りだしたから半音上げて歌われる生

 

それぞれに苦しい声を上げただけのパッヘルベルのカノン、沈黙

 

 

 

付句企画

  仰ぐたびまた遠くなる月のいろ冬の寒さに反比例して

 

 

++

やぎ座生まれの人の短歌ネプリ、「角笛」寄稿作でした。

編集の知己凛さん、ありがとうございました。