つきのこども/あぶく。

おはなしにならないことごと。

私家版歌集「ヴァーチャル・リアリティー・ボックス」について

2017年11月に頒布開始した私家版歌集「ヴァーチャル・リアリティー・ボックス」についての情報です。

 

続きを読む

その器は欠けている(みずつき7)

その器は欠けている


海へ降る雨を日永に眺めれば火は一人称を知らないままで

テーブルのペットボトルの紙コップななめのままに了承される

開かれて床に散らばるとりどりの そうかおまえもhydrangea

国会質疑書き起こしメモ読む昼休み台風の目は馬の目のように震えて

閉架式書庫の暗さに貝殻はできそこないの虹を抱えた

つまり陸とは海の眷属。霧雨にくりかえしくりかえし火を打つ

 

毎年参加している「水」がテーマの合同歌集ネプリ企画「みずつき」への参加作品でした。主催の千原こはぎさん、いつもありがとうございます。

なお「みずつき7」全体の誌面はこちら

 

一首評いただいてました。ありがとうございます。

東京歌壇5月20日

 

断面に盛り上がりだす水滴のわずかに纏う刃物の匂い

 

東直子欄特選でした。ありがとうございます。

東京新聞:東京歌壇 東京俳壇(TOKYO Web)

ひとつだけ(うたつかい30号)

ひとつだけ

ひとつだけ、とねだった花にみえるから燃やしていない線香花火

トリ、メダカ、ロボット、サクラ、ライカ、ベルカ 名づけるほどにさみしくなった

色彩で話せるならばいまはもう菫色、の、濃淡ばかり

ベランダに火薬の匂い残るころ燃えさしとして眠りに向かう

青空の真下にひとりそのような作中主体にいつかも会った

 

 

テーマ詠  「文房具」
「深海」を「月夜」に変えて書いてみる最初の歌に夜の雪が降る

 

 

牛隆佑さんのコラム「牛さんの短歌なう!」第6回「私家版歌集ってどうですか?」で、私家版歌集の事例のひとつとして「ヴァーチャル ・リアリティー・ボックス」を挙げて頂いてました。ありがとうございます。

東京歌壇5月13日

飲み干したカップ下ろせば鳴る音の星座をつくるようにさみしい

 

東直子欄選でした。ありがとうございます。