読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つきのこども/あぶく。

おはなしにならないことごと。

年越しバトン

今年作ったもの(2016)

2016年の活動記録です。 小説 末の姫君(アンソロジー「姫君の匣」収録) 短歌 文芸誌「片隅」コラボ連載「仮想記憶」(毎月掲載、5首連作×12カ月、3月まで) m.kaji-ka.jp うたつかい 夏号、秋号(5首連作) ネットプリント角笛2(7首連作) みずつき…

年越しバトン2016

「痛覚」でやっている年越しバトン。毎年参加させて頂いております。昨年に引き続き、今年も少し早めに書いてしまおうと思います。 ・2016年のこの一冊! という本を教えて下さい。(2016年発行でなくとも構いません。コミック可) 国家神道(村上重良) <p">多</p">…

年越しバトン'15

「痛覚」でやっている年越しバトン。例年参加させて頂いております。昨年に引き続き、今年も少し早めに書いてしまおうと思います。 ・2015年のこの一冊! という本を教えて下さい。(2015年発行でなくとも構いません。コミック可) 美術手帖 2015年9月号(…

今年作ったもの(2015)

まだもう少し猶予がありますが、取り急ぎ。 2015年の活動記録です。 小説 超短編1本(短歌の超短編) 短歌 web文芸誌「片隅」コラボ連載「仮想記憶」(毎月掲載、5首連作×12カ月) m.kaji-ka.jp 百をめぐる短歌(候補作) うたらば・ブログパーツ短歌×2、…

今年作ったもの(2014)

バトンではありませんが、メモ代わりに。 2014年の活動記録です。

年越しバトン'14

「痛覚」でやっている年越しバトン。例年参加させて頂いております。昨年に引き続き、今年も少し早めに書いてしまおうと思います。

年越しバトン'13

「痛覚」でやっている年越しバトン。例年参加させて頂いております。 いつもは大晦日に書いてるので今年はちょっと早めですが、今年はばたばたしそうなので先に書いてしまおうと思います。 ・2013年のこの一冊! という本を教えて下さい。(2013年発行でなく…

年越しバトン’12

「痛覚」でやっている年越しバトン。例年参加させて頂いております。・2012年のこの一冊! という本を教えて下さい。(2012年発行でなくとも構いません。コミック可) (タイトル・著者名) ・「なのはな」(萩尾望都) 震災直後にこの漫画を描けたということ…

年越しバトン'11

「痛覚」でやっている年越しバトン。例年参加させて頂いております。・2011年のこの一冊! という本を教えて下さい。(2011年発行でなくとも構いません。コミック可) (タイトル・著者名) ・「虐殺器官」(伊藤計劃) 今年の特に後半はディストピアもの、…

年越しバトン'10

・2010年のこの一冊! という本を教えて下さい。(2010年発行でなくとも構いません。コミック可) (タイトル・著者名) ・「小さいおうち」 ・「オルタ」 昨年とは逆に、新書が全くなしという。我ながら極端だ。。(汗) 今年は芥川と直木賞、いずれも、若…

年越しバトン'10

・2010年のこの一冊! という本を教えて下さい。(2010年発行でなくとも構いません。コミック可) (タイトル・著者名) ・「小さいおうち」 ・「オルタ」 昨年とは逆に、新書が全くなしという。我ながら極端だ。。(汗) 今年は芥川と直木賞、いずれも、若…

年越しバトン'10

・2010年のこの一冊! という本を教えて下さい。(2010年発行でなくとも構いません。コミック可) (タイトル・著者名) ・「小さいおうち」 ・「オルタ」 昨年とは逆に、新書が全くなしという。我ながら極端だ。。(汗) 今年は芥川と直木賞、いずれも、若…

年越しバトン'09

例年のバトンです。 NHKの第九を聞きながら是を書くのもすっかり恒例行事となりました。というわけで、以下の通りです。 ・2009年のこの一冊! という本を教えて下さい。(2009年発行でなくとも構いません。コミック可) (タイトル・著者名) ・「子どもの…

年越しバトン'08

例年書いているバトンです。書き続けてると色々発見があって面白いです。という訳で、以下の通りです。 ・2008年のこの一冊! という本を教えて下さい。(2008年発行でなくとも構いません。コミック可) 新書『日本はなぜ敗れるのか—敗因21ヵ条』山本 七平 …

年越しバトン'07

毎年恒例、先輩のやっているアンケート。 こういうので振り返り作業をするのって必要な作業だなと思う今日この頃です。 この一週間は自分の手帳を見直していました。 第9と紅白とNHKクラシックを聴きつつこれを書いてたらもう、こんな時間です。という訳で…

年越しバトン'06

もう新年になっているのですが、先輩の所からもらってきた2006総括を。 ついでに、新年の豊富も着いているのでまあいいか、と。因に初夢は、夢を分別ゴミに出そうとしてあまりに複雑な作業に嫌になっているという夢でした。どんなだ。 という訳で、以下の通…