読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つきのこども/あぶく。

おはなしにならないことごと。

今年作ったもの(2014)

バトンではありませんが、メモ代わりに。 2014年の活動記録です。

100:最後(円)

最後には燃えて崩れるものばかり集めていたとかみさまの声

099:観(円)

春の午後軋み始める観覧車わたしは速度をもう落とせない

098:吉(円)

吉兆を占う人の目蓋へと落ちるダナエの金色の雨

097:陽(円)

ブラインドの配列乱れそこだけが午後の陽射しでふいに明るい

096:翻(円)

翻訳の翻訳をまた翻訳し翻訳されて誤訳ばかりだ

095:運命(円)

「運命」が始まりそうに詰まる息 クラリネットの幻聴がする

094:雇(円)

雇用者の増減示す線グラフ山がいつでもひとつだけある

093:印(円)

ワープロの活字に垂直になるよう首傾げつつ押印をする

092:勝手(円)

死んでゆく命が鮮やかだといって自分勝手なお話を書く

091:覧(円)

回覧してゆく言葉が一番強いからきみの言葉はもういりません。

090:布(円)

何枚も布を纏って会いに行く駅前の交差点を渡る

089:煽(円)

ぐっしょりと波打ちながら煽動の言葉が町へ溶け出してゆく

088:七(円)

雑踏を電気の白い灯が照らしまた薄くなる火の七日間

087:故意(円)

長々と読み上げられる人生は全て未必の故意であったと

086:魅(円)

死んだねえ、うん死んだねと公園で魑魅は語る花火の記憶(魑魅:すだま)

085:遥(円)

両腕を遥かに遠く投げるから花も小鳥も光の一部

084:皇(円)

逆位置の「皇帝」円の真ん中に置かれて錫は離さないまま

083:射(円)

スクリーンセーバーに似た窓があり午後の光が反射している

082:チェック(円)

格子模様をチェックと読んで過ぎていく家を出て行く人との会話

081:網(円)

目に見えぬ編目の中に囚われて啓示ばかりが注がれている

080:議(円)

(まるで火を焚いているよう)誰もいない議事堂へ向け怒号がのぼる

079:絶対(円)

声色に潜んだ愚痴をはかるため試されている絶対音感

078:棚(円)

反射する海の明るさ受けとめてかはたれ時の棚田をくだる

完走報告(円)

三年目の題詠マラソンも終わりました。主催者様ありがとうございました。 今年はいつもより早めに終わりました。一、二年目ともに、とにかく完走することに意義がある(はずだ、そうであってほしい)いうスタンスで今年も同様のスタンスで進めたのですが、改め…

077:聡(円)

聡明な明るさの中わたくしの断崖は光りながら消えゆく

076:ほのか(円)

もう君はほのかな夢となつていてめざめた秋のあかとき静か

075:盆(円)

死者帰ル電線ト火ヲ辿リツツ盆には帰ル必ず帰ル

074:焼(円)

ああ焼けた匂いは知らない戦いに負けたことなど忘れてるから

073:谷(円)

通勤は不気味の谷を経由してヒトの顔してホームに降りる

072:銘(円)

ご銘はと聞かれて不意に思い出す過ぎ去っていた風の名前を

071:側(円)

こちら側ではない方にいる、いる、いる、と歯を剥き出してお前は告げた

070:しっとり(円)

しっとりと君を濡らした雨雲はもはや消えたとテレビが告げる

069:排(円)

もろこしの真白い粒を見つけ出し使用している排除の論理

068:沼(円)

両足を緋色の沼に浸すごと歩いてゆけば浴びる熱風

067:手帳(円)

新しい手帳を開く手つきにて真白いシャツのボタンを外す

066:浸(円)

すうすうとミントの味をお互いに浸透させるさびしいあそび

065:砲(円)

砲台のように太鼓は空仰ぎ抱かれながら殴られている

064:妖(円)

ぼくたちが車に轢かれたそのときも妖怪ウォッチは有効ですか

063:院(円)

をんなではないなと思ふ。病院の淡いピンクがひどく似合わぬ

062:ショー(円)

遠吠えをたなびかせ走る窓の灯は(イッツ・ショー・タイム)まだ燃えている

061:倉(円)

待つことは燃えていること水面の煉瓦倉庫の赤が歪だ

060:懲(円)

勧善懲悪なんてないこと知りながら君の掲げた青が痛い

059:畑(円)

ライ麦畑で腕を広げるように笑う君の傷など暴きたいのだ

058:惨(円)

凄惨に笑った君の横に立つここは静かで頬だけ熱い

057:県(円)

訪れていない県名を数えるコンビニのおにぎりの具みたいに

056:余(円)

見開きになった絵本の水彩は余白の白が一番きれい

055:芸術

沈黙があなたの武器であればいい芸術論はみな風にする

054:照(円)

残照を呼べば手を振る影がありあなたの顔は忘れてしまふ

053:藍(円)

一滴も濁らないまま夕暮れの夏空すべて藍に染まった